キャッシングは大手業者で利用する

キャッシングの返済遅れは危険な行為である

キャッシングの返済を遅れてしまった場合は

クレジットカードに付属していることも多いため、つい借りてしまうことも多いキャッシングです。また、返済が一括であることも多いためつい返済しそびれてしまうことも多いものです。しかし、キャッシングでも返済を遅延するとさまざまな悪影響があります。あまり気軽に借りてしまうのも考えものです。

 

まず、遅延すると遅延損害金というものが発生します。遅延が発生してからは利息が通常より高くなり、20%ほどになります。現代では昔と違って遅延利息と通常利息の差が小さいので気軽に延滞しがちですがこれも落とし穴です。

 

遅延をすると、返済についてキャッシング会社から電話がかかってきたり、督促状が来ることがあります。家族などに知られてしまうこともあります。また、会社内の記録に残ってしまい、あまり遅延をくりかえすとカード停止などの処分が下ることもあります。

 

一番怖いのは61日以上あるいは3ヶ月以上遅延してしまった場合です。このような延滞になると、個人信用情報に事故情報として登録されてしまいます。こうなると、他社のローンやキャッシングを申し込んだときに照会するとわかってしまいます。審査が下りない原因となります。住宅ローンや自動車ローンにも影響するため、生活に重大な支障をきたします。

 

借り入れが増えてきて返済が厳しくなってきたと感じるなら、早めに手を打つべきです。例えば借り入れを一本化してみたり、低金利に借り換えるなど、オリックス銀行カードローンをはじめとする低金利カードローンを利用し、返済の負担を軽くするのです。

 

借り換えやおまとめローンとしても使えるのがオリックス銀行カードローンの魅力でもありますので、キャッシング返済が厳しい、苦しいと感じるなら、借り換えのコツをオリックス銀行カードローンの借り換えローンで知っておき、効率的に借り入れを進めるようにしてください。

検討しているキャッシングに総量規制が適用になるか調べておこう

 

キャッシングを利用する際は、総量規制の対象になるかチェックしておきましょう。年収の3分の1までしか借りられないのは、消費者金融と信販会社、クレジットカード会社などです。それ以外の金融機関(銀行、信用組合、JAなど)は年収に対する貸付制限はなく、年収と同額の借り入れをすることも不可能ではありません。

 

総量規制を重視する必要があるのは、借入件数が増えてきたときです。年収の3分の1までという規定は、これから借りるローンだけでなく、他社も含めて考慮されるものです。例えば、昔から利用しているキャッシングがあり、すでに総量規制の範囲を超えて借りているならば、消費者金融や信販・クレジットカード会社から融資を受けることはできません。もし借りるとすれば、銀行や信用組合などに当たってみるしかないのです。

 

こうした決まりは、利用者の借りすぎを防ぐために誕生したものです。安全に返済できる金額というのは、利用者の経済状況だけで決まるのではありません。家計の状況も影響してくるため、同じ年収でもある人は月2万円、またある人は5万円まで返済できるかもしれません。ただ、年収の3分の1までという規定は、法律上の規定であるため、適切な借入額は自身の経済状況を見て決めていく必要があります。

 

銀行は総量規制の対象とはならないため、専業主婦の方の借り入れを認めているところもあります。メガバンクやイオン銀行のカードローンなどは限度額や極度額に制限を設けて専業主婦の方もOKとしているので、配偶者に内緒でお金を借りたい専業主婦の方は、利用対象となる商品を専業主婦が対象となるカードローン比較で調べておきましょう。